JPN
パーツフィーダとゆるみ止めの取扱・製造

06-6584-1130
平日 8:30-17:30
history

会社沿革

1983 パーツフィーダを中心とした省力産業機械の設計・製作・販売を大阪市港区でヤマト精機株式会社創業。
パーツフィーダYSシリーズ5機種開発・販売開始。
事業拠点を大阪市西区九条南に移動。
1984 ストレートフィーダ4機種開発・販売開始。
装置・機械工具の製造・販売のヤマト産業機器株式会社を設立。
ヤマト精機株式会社第一工場完成(5F)。
ボルト圧送システム開発・販売開始。
1985 東京都足立区に東京営業所を開設。
大阪工場拡張(2,700m²)。
1986 システムエンジニアリング部(SE)で搬送ロボット・各種検査装置開発。
1987 関東営業所・関東工場を神奈川県海老名市に移転。
1988 センサーを使用し検査機開発。
1989 八尾新工場完成(700m²)。
ガントリーローダー開発・販売開始。
1990 システムエンジニアとして、企画・開発・製造・販売としてヤマト株式会社設立。
金沢出張所開設。
1991 部品画像処理システム開発・製造・販売・開始。
1992 NCメイト(ケースストッカー)製造・販売開始。
1993 事業本部ヤマト第二ビル完成(1,000m²)。
北陸営業所開設。
1994 アルミフレームを開設・販売開始。 台湾・韓国出張所開設。
1995 関東営業所と関東工場を合併拡張し、関東事業所を設置。
品質検査画像処理装置開発・販売。
1996 高周波パーツフィーダ製造販売開始。
排水性骨材自動品質検査装置(特許出願)開発・販売。
薬品錠剤目視検査装置開発・販売。
1997 マイクロパーツフィーダ開発・製造・販売開始。
大阪府中創法認定。
1998 極小部品外観検査装置開発・製造・販売開始(特許出願)
大阪府研究開発型企業新興財団(FORECS)から認定。
1999 財団法人三和ベンチャー育成基金から認定。
樹脂インテークマニーホールド用誘導加熱装置開発。
ホームページを開設
2000 R&D棟開設。 第3工場完成。
本社工場拡張(1,000m²)。 秋田営業所開設。 韓国ヤマト設立。
2001 台湾・中国営業所開設。
2002 中国工場設立。 韓国ヤマト(株)金浦工場設立
2003 中国蘇州園区勝浦鎮に雅瑪特技(蘇州)有限公司設立。(30万US$)
中国蘇州園区に工場開設。中国深セン市宝安区に営業所開設。
中国江蘇省昆山市に営業所開設。
2004 香港雅瑪特技(ヤマト)有限公司設立。本社工場クリーン工場完成。
中国蘇州新区に営業所開設。雅瑪特技(蘇州)有限公司増資(50万US$)。
雅瑪特技(蘇州)有限公司新工場完成。中小企業経営革新支援法認定。
2005 上海青浦工業園区に永田雅瑪特電設備(上海)有限公司設立。資本金$100万。
天津営業所開設。上海事務所開設。日本本社近隣地に中国男子研修社員寮完成。
日本本社工場拡張予定(300m²)。日本本社近隣地に中国女子研修社員寮完成。
2006 日本本社工場拡張(300m² )・日本本社女子研修生社員寮完成(阿波座)。
大阪府「男女いきいき・元気宣言」の事業者に登録。
近畿経済産業局より「次世代全自動太陽電池印刷システムの開発」については
中小企業ものづくり基盤技術の高度化に関する認定。
日本本社太陽光印刷機システム製造専用工場(安治川)新設(600m²)。
2007 中国アモイ連絡事務所開設。
中国蘇州永田電子科技有限公司(機械加工工場)新設(3,000m²)。
安徽省にて雅瑪特科技(安徽)工場用地(35,000m²)取得。
2008 日本本社女子研修生第2号寮完成(九条)。
中国雅瑪特安徽工場建設中(40,000㎡)。
中国上海事務所移転。
秋田営業所移転。
2009 中国東莞事務所開設。
2010 日本ロックタイト(現ヘンケルジャパン株式会社)と代理店契約を結ぶ。
2011 境川工場(本社近隣)完成(350m²)。
雅瑪特科技(安徽)有限公司 第一工場(6,000m²)・ゲストハウス(800m²)・ 社員寮(2,500m²) 建設。
安徽第二工場3事業部稼動
ねじ緩み止め加工(SC事業部)・精密部品加工(SPK事業部)設立。
2015 北関東営業所開設。
中部工場新設。

お問い合せ

CONTACT

お電話でのお問合せ

TEL06-6584-1130
(FAX:06-6584-3037)

受付時間:8:30〜17:30 月曜日〜金曜日 平日(祝日を除く)
受付担当:営業アシスタント 高畠、酒井

WEBからのお問い合せ

このホームページからもお問い合せを
受け付けております。